[voice]何事も諦めない粘り強い精神力と自分で考え行動する習慣を身に付けてほしい(長谷川 秋治 )

質問1 生まれたところ、今住んでいるところと、ごく簡単な略歴を差し支えない範囲でお書きください。

生まれは、北海道のオホーツク海に面した上湧別町という屯田兵の開拓地です。電機メーカ勤務で、茨城県東海村に定年まで暮らし、2011年の震災後 に横浜大口に来ました。

質問2 たんけん工房に参加するようになったきっかけは何ですか。

サンデー毎日で時間を持て余している時、地区センターで、工房の研修案内を見かけたのをきっかけに参加することとしました。子どものころ理科工作が大好きだった事を思い出し、子どもたちとふれあいながら自分も楽しみながら誰かの役に立つ事が出来る事には素晴らしいと思います。

質問3 たんけん工房でやってみたいことはどんなことですか具体的なテーマでも、夢のイメージでも。

物理、電気関係が大好きで、たいがいの事は 知っているつもりでしたが、定年後のこの年になって初めて知ることも多くあり、びっくりしています。このびっくり感をこどもにたくさん届けたいと思っています。

質問4 他に活動していることや、好きなことはどんなことですか?

趣味は、音楽鑑賞、へたな囲碁くらいでしょうか? それと、このたんけん工房の延長ではないですが10月から小学校の理科支援員を始めました。週に3日は子どもたちと触れ合い楽しくすごしています。

質問5 子どもたちに、すすめたいことはなんですか?

物事の探究心を育み、何事も諦めない粘り強い精神力と自分で考え行動する習慣を身に付けてほしいと思います。

質問6 その他付け加えたいことがあればご自由に一言

この工房に参加している皆さんの熱意には、いつも感銘を受けています。私たちの「未来」であり「希望」である、子どもたちの人間形成に多少なりとも関われるように努めたいと思います。
(横浜北2グループ 2012年4月入会 長谷川 秋治 さん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です